私の友人が、定期的に「吸い殻拾い」をして歩いているのですが、今回、吸い殻ポイ捨ての多さを改めて実感したので、少し記事にしたためてみようかと思います。

最近の日本の喫煙者率はこんな感じらしいです(2016年5月現在)

 - 男性・・・29.7%(1,498万人)
 - 女性・・・9.7%(528万人)
 - 男女計・・・19.3%( 2,027万人)


参考:2016年「全国たばこ喫煙者率調査」、男女計で19.3%(JT)

高齢化や健康意識の高まり、増税や規制の強化などもあり、喫煙者自体は減少の傾向をみせているようですね。たしかに、喫煙者にとってはどんどん肩身の狭い世の中になっている感はあるかも。あ、ちなみに個人的には、メリットを感じられないのでタバコは吸いませんが、喫煙すること自体に反対かというとそうでもありません。最近は、「受動喫煙(喫煙者が発する副流煙で間接的に喫煙したような状態になること)」の危険性などが盛んに取沙汰されていて、規制強化の流れもありますよね。

ただ、ここからが本題なのですが、喫煙者には喫煙者としての責任があるとは思っていて、最初に書いた吸い殻の処理なんかは最たるものなのではないかなと。友人の行っている活動は、もちろん素晴らしいことだと思いますが、そもそもそんな活動をしなければいけないこと自体がおかしいんですよね。それぞれが、適切に処理しさえすれば、道端に吸い殻が!なんてことはないはずです。

そんな実情を、吸い殻拾いの過程から少し見てみましょう。(以下は、すべて友人提供の実際の画像です)

「さて、今日も吸い殻拾いがんばるか!手袋をしてっと・・・」
IMG_0353
 
てくてく・・・

「お、早速はっけーん!誰が捨てるんだよ・・・」
IMG_0355
 
さらに、てくてく・・・

「あ!あんなところにも!しかも、ぐしゃぐしゃだし・・・」
IMG_0356

「んもうっ!こんな隙間にも!パズルじゃないんだから、こんなにピシャっと嵌めなくてもいいわ!」
IMG_0358

(どのくらい集まったかな~?)

「おぉ~、だいぶ集まったなぁ。嬉しいような、悲しいような・・・フクザツ。」 
IMG_0365

(もう少し、がんばってみよう)

「ほらほら、こんなところにも・・・」
IMG_0359
 
てくてく・・・

「さて、今日はこの辺で切り上げましょう」
IMG_0367
 
「うわっ!こんなに集まっちゃったよ・・・日本って綺麗な国だと思っていたけど、よくよく見るとこんなに汚い部分があるんだよなぁ・・・」 

とまぁ、こんな状態だったわけです。(あ、ちなみに画像に付けているキャプションは私の想像です)これだけの量が集まるのにわずか小一時間らしいです。しかも、数日すれば時間が戻ったかのように、また落ちているそうです。銘柄も様々ですね~(←どうでもいい)

これだけの吸い殻が落ちているということは、その数だけ喫煙者としての責任やマナーを守れない人間がいるということを意味しているんですよね。これはちょっと、いやかなり問題です。世の中的に、喫煙者の肩身が狭い時代になってはいますが、こういう面から喫煙者のイメージがどんどん悪くなってしまう部分もあるのではないかなと。この友人も、タバコを吸わない人ですが、自分から率先して行っている活動だとは言え、社会的に見ればシワ寄せが行っているわけです。ポイ捨ては社会的損失だと言えますね。

ポイ捨てだけは、一人ひとりの意識ですぐに解決できる問題だと思います。喫煙者の方は、今一度自分の背負っている責任やマナーについて見直してみるのもいいかもしれません。もちろん、多くの喫煙者の方はマナーを守っているというのは言うまでもないので、残念ながらマナーを破っている人は尚更意識してほしいなと思う今日この頃です。 

最後に・・・

今回、画像や活動の内容を提供いただいた友人である りばてぃ (@lib_er) さんに感謝します。