6d689a0e

少し前にiPad Proを入手したので、あれこれ楽しんでいるのですが、iPadでもどうしても使いたかったアプリが「LINE」です。もう完全にメイン連絡ツールになっていますからね。

iPhoneで使っているLINEのアカウントをiPadでも使うには「LINE for iPad」という専用アプリを入れる必要があるんですね。私も例に漏れずインストールしてみました。

PC版のLINEを使うのと同様に、メインデバイスであるiPhoneで認証番号を入力することでログインでき、大画面でLINEを楽しめるようになったのはよかったんですが、これが結構制約とか不具合が多いんですね。。

LINE for iPadで主にできることとできないことを挙げるとこんな感じです。(LINE公式ブログより)
できること
-トーク(メッセージ)送受信
-スマートフォン版で購入したスタンプの使用
*アニメーションスタンプは、止まったまま表示されます
-グループ作成
-画像・動画・位置情報・ボイスメッセージ・連絡先の送受信

できないこと
-アカウントの新規作成
-LINEユーザー同士の無料音声/ビデオ通話・「LINE電話」の利用
-一部の絵文字の使用
-タイムラインの確認、投稿
-ノート、アルバムの利用
-スタンプショップ、着せかえショップの利用
-公式アカウントリストの表示
-友だち追加 
言ってしまえば、メインデバイスとして使う位置づけではないので、最低限の機能しか持たせていないよという感じですね。ただ、タイムライン機能とか、音声通話やビデオ通話ができないのは結構つらい。iPhoneのバッテリが切れているときに完全な代わりをさせられないというのもなんだかなぁという感じなのです。

しかも、使っていて分かったのですが、スタンプを送ろうとするとスタンプの選択画面が上手く表示されない不具合があったりしてなかなか思うようにいきません。 (一部では、iOS 9にアップデートされてからという情報もありました)

で、いろいろと調べてみたんですが、どうやら今では「iPad for LINE」を使わなくても、iPhone版LINEと同じ機能を利用できるようになっているらしいです。というのも、今年1月のアップデートでLINEアプリがユニバーサル化され、iPhoneでも、iPadでも同じアプリが使えるようになったんですね。知らなかった… 

iPhone版LINEが、iPadでも快適に。大画面でのビデオ通話も楽しめる! (LINE公式ブログ)

もう半年くらい前のアップデートですが、全然知らず。 LINE for iPadの物足りなさを解消するべく早速入れてみたところ、iPhone版のLINEとほとんど同じレベルで使える!その上、画面デザインもiPadに最適化されているので、大画面の良さを最大限に発揮できる!

これは、素晴らしいです。iPhoneに保存されているトーク履歴は移すことができませんが、これはLINEの仕様。(でも、なんでメッセージ履歴もクラウド化しないのだろうといつも思う。インフラの問題とか、プライバシーの問題とかいろいろあるんだろうけど)

ちなみに、LINEをiPadに入れたときに使えない機能はこんな感じですね。
-スタンプショップ、着せかえショップの利用
-LINE Pay機能の利用
-LINE Out(旧LINE電話)機能の利用
-詳細なアカウント設定
-電話番号での友だち検索
-公式アカウントリストの表示
まぁ、この辺は仕方ない部分もあるのかな。すごく便利なので、LINE PayとLINE Outは使えてほしいなとは思っていますが、そのうち対応してくれるはず。ちなみに、これまではいろいろ裏技っぽいことをしなければいけなかった新規登録もできるようになっています。

こうなってくると、先に書いた「LINE for iPad」を使う意味はなくなってきますね。機能は大幅に制限され、不具合もありと正直いいことなしです。たぶん、LINEとしても、今回のユニバーサルアプリ化によって、「LINE for iPad」は終息させるつもりなんだろうと思っています。

最後に、iPadでLINEを使う手順を簡単に書いておきます。

①メインデバイスのLINEを起動し、[その他]>[設定]>[アカウント]より、メールアドレスとパスワードを設定する(まだ設定していない人のみ)

②iPadにLINEをインストールする

③インストールしたLINEを起動し、先に設定したメールアドレスとパスワードを入力する

④本人確認画面が表示されたら、メインデバイスのLINEを再び起動し番号を入力して認証して完了

設定はこれだけです。iPhoneでも、iPadでも、Androidスマホでも、それぞれに適した画面でLINEを使いたい方はぜひご参考に!