share-spaces

先日、リリースされたGoogleの新SNSサービス「Spaces」ですが、リリース早々に早速使ってみたので、簡単にどんなサービスかを書いてみようと思います。こういうサービスは理屈よりも、まずは使ってみることが大事だと思うんですよね。

さて、あくまでも個人的な印象ですが、サービスとしては結構好きです。すごく簡単に言えば、ウェブ検索、YouTube、画像、コメントをひとつのアプリから共有できるサービスで、言うなれば、特定のコミュニティで共有できる「まとめサイト」みたいな感じですね。

これまでにSNSで情報を共有しようと思うと、ウェブの検索結果のURLをわざわざコピペしたり、YouTubeの動画ページのURLをコピペしたりと、共有する情報によって参照先が分散されていたので結構煩雑でした。それが、このSpacesを使うと、共有も参照もすべて一つのアプリからできてしまうので、そういう煩わしさから解放されます。これはなかなか素晴らしい。

使い道はいろいろあると思っていますが、単純なところでいえば、サークルや友達同士、会社の部署内など「コミュニティ」と呼ばれる中で使えると思っています。反対に、一人で使って自分だけのまとめを作るのもいいのではないかなと。

実際の画面も簡単に載せてみます。ちなみに、Googleアカウントは持っている前提で話を進めていきます。

~Google Spacesのざっくりな使い方~


アプリをインストールすると、こんな感じのトップ画面が出てきます。「スペースを作成」をタップして新しいスペースを作ってみましょう。
(iOS / Android用アプリはこちらからダウンロードできます)

IMG_0665


「スペースを作成」をタップすると、スペースに名前を付けることができます。サークルであれば「○○サークル」とか、なんでも好きな名前をつけちゃってください。

IMG_0666


これで、スペースが完成したので、早速なにか情報を投稿してみましょう。真ん中下の投稿ボタンをタップします。

IMG_0679


そうすると、こんな感じの画面が出てきます。下にアイコンが4つ並んでいますが、左から順に「Google Web検索」、「YouTube」、「画像」、「コメント」といった具合になっています。この中から投稿したい内容をタップします。今回は「YouTube」を例にしてみましょう。

IMG_0667 


「YouTube」のアイコンに切り替えるとこんな感じ。最初に表示されているのは自分が過去に見た動画の履歴だと思います。(HIKAKIN TVばかりなのは気にしないでください。。笑)
ここで、投稿したい動画を検索します。 

IMG_0668


投稿したい動画を選んだら、右下の投稿ボタンをタップします。(サムネイルの表情がすごく辛そう。。)

IMG_0680


投稿画面が出てくるので、コメントを入力して投稿します。ちなみにコメントなしでも投稿できますよ。

IMG_0682

 
そうすると、こんな感じでスペースにYouTube動画が投稿されました。 これでめでたく投稿完了です!
ちなみに、このままだと自分しか見れないスペースになっているので、誰かと共有したい場合はスペース名の下にある「招待…」をタップしてスペースを公開することができます。

IMG_0683
 

「招待…」をタップするとこんな風に公開方法が出てくる(iOSの場合)ので、公開したい方法を選びます。例として、メールで送信してみましょう。

IMG_0684


すると、スペースのURLが入力されたメール画面が立ち上がるので、公開したい相手の宛先を指定して送信すれば完了です。これで、相手はこのURLからスペースにアクセスできるようになります。

IMG_0685


YouTube以外の情報を投稿する場合も、だいたい同じような感じで使えると思います。操作自体もそんなに難しくないのがいいですね。

GoogleのSNSと言えば、「Google+」がありますが、FacebookやTwitterを凌駕するほどの勢いは見せていません。今回のSpacesは、少し毛色が異なるSNSかもしれませんが、サービスとしてどこまでスケールしていくのか楽しみですね。 個人的にも、おもしろい使い方がないかいろいろ触ってみようと思っています。