TOKYO FMで毎週土曜日に「エバンジェリストスクール!」っていう番組をやっているんですが、この番組がなかなかタメになるし、おもしろいんですね。パーソナリティーを務めるのは、日本マイクロソフトの業務執行役員・エバンジェリストである西脇資哲さんと、アシスタントとして乃木坂46の若月佑美さんの2人です。

ちなみに、西脇さんのツイッター (@waki) もいろいろおもしろいのでおすすめです。

さて、この番組のタイトルにもなっている「エバンジェリスト」という言葉をあまり聞きなれない人も多いかもしれませんね。

辞書でちょちょっと調べてみると、
エバンジェリスト【evangelist】

ある製品に関する熱狂的な信奉者で,他人にその魅力を伝えようとする人。また,情報通信産業などにおいて,自社製品の啓発活動を行う職種。 〔原義は福音伝道者〕(大辞泉 第三版)
こう書いてありました。要するに、世の中でこれから活用されそうなものとか、世の中を良くしそうなもの、世界の流れなどを的確にキャッチして広く人々に知らせる役割を担う人という感じですね。

以前に、西脇さんのパネルディスカッションを聞いたことがあるんですが、本当に各方面の知識がハンパではないんですよね。そして、その場その場で出てくるテーマに瞬間的に対応する臨機応変さに感動したのを覚えています。

そんな西脇さんがパーソナリティを務めるということで、番組も聴き始めたんですが、この番組のやり方は非常に上手だなと思いました。リスナーのハードルを本当にうまく下げているという感じですね。そう感じたポイントをいくつか挙げてみます。

①西脇さんの解説がものすごくわかりやすい

これはこの番組の最大の特徴かもしれませんね。番組自体がITの最新トレンドやビジネススキルをテーマにしているので、どうしても難しい話も出そうなものです。例えば、IT用語ひとつ取っても、普段接していない人にとっては意味不明なものもあると思うんですね。こういうところを、身近なところで起きていることに例えてくれたり、若月さんとの掛け合いを通じて実践してみたりとすごく伝わりやすい。

②パーソナリティの組み合わせがいい

たぶんこの番組を西脇さんだけでやっていたら、リスナーにとってのハードルが少し上がっていたんじゃないかなと思っています。タイトルをみても「難しそう…」とか「なんだか固そう…」というイメージも持たれるかもしれませんよね。でもそこに、乃木坂46のメンバーである若月さんを組み合わせることで、「まず聴いてみよう」というリスナーの気持ちを持っていきやすくなっているのではないかなと。もちろんアイドルファンという層を取り込むきっかけにもなっているはず。

③西脇さんの超豊富な知識と若月さんの吸収しようとする意欲がマッチしてる 

これも大きいですね。西脇さんは前述の通り、その経験も知識もものすごく豊富です。それでいて、上から目線みたいな部分は一切なく、相対する人に目線を即座に合わせられるような印象がありますね。だから、どんな相手に対しても一番理解してもらいやすいような話し方をされていますね。それに対して、若月さんも西脇さんの話を吸収しようとするのがよく伝わってきます。頭の回転も速い感じなので、回を追うごとにどんどんいいコンビになっているように思います。

こんな感じで、個人的にすごく聴きやすいラジオ番組だと思っています。しかも、わかりやすいんだけど、伝わってくる内容は今の世の中の最先端の情報だったりするのがすごい。勉強しようと思わなくても、勉強できちゃうというのがミソですね。

放送局はTOKYO FMですが、radikoとかでも聴けます。本放送は聴けないなって人でも、番組後の補足トーク的にポッドキャストで西脇さんの話を聴くこともできますよ。こういう番組を聴いてくれる人が増えれば、どんどん世の中がよくなるきっかけが増えるんじゃないかなと思って、期待しながら聴いています。